ストレスと上手に付き合おう@


最近、ストレスによる肌トラブルや体の不調をよく耳にします。

先日も学校の生徒さんが『先生アゴのニキビがずっと治らないんです』と相談に来ました。

もう1年ほど同じ部位ばかりにニキビができるとの事でした。

話を聞いてみると、かなりハードに仕事をしていて、自分の時間はほとんどなく、おまけに胃腸が弱いため病院に通っていたことも分かりました。

肌は心・内臓・環境を表す三面鏡だと言われています。

ストレスや内臓疾患、周りを取り巻く環境に敏感に反応し、肌に変化を及ぼして私たちに不調を知らせているのです。

今回はこの三面鏡のうち、心の鏡にスポットを当ててみたいと思います。
あなたは不安や心配ごと などで、お腹が痛くなったりした経験はありませんか?

これは、ストレスが脳の視床下部という所を介して自律神経や内分泌に影響を及ぼし、内臓をコントロールしている部分を刺激した結果『お腹が痛い』という症状となってあらわれたのです。

これが慢性的になると、胃腸の働きが低下して消化 吸収がスムーズに行なわれなくなり、栄養不足や老廃物の出す毒素により肌が荒れたりニキビができたりすることに。

このように、心と体は強く結びついています。

心の緊張が体の緊張を引き起こしているのであれば、逆に体を緩める事で心を緩めることができるはず。

つまり、体をリラックスさせることで自律神経の交感神経の働きを抑えて副交感神経を優位にするのです。

緊張した体をほぐして、心の疲れを癒してあげましょう(^_^)

簡単で有効なリラクゼーション方法としては、腹式呼吸や筋肉の緊張を緩める筋弛緩法があります。

せっかくなので簡単なリラクゼーション法を紹介しますね(^_^)

@ 楽な姿勢で椅子に腰掛けて 軽く目を閉じる

A 大きく息を吸い込んでそのまま止め、同時にそれぞれのこぶしを強く握る
この時 腕も足も思いっきり伸ばし、全身に力を入れる。(5〜6秒キープ)
B 口から大きく息を吐きながら全身の力をストンと抜く

C 全身の力を抜いた、何もしない状態で 頭の中をカラッポにして 目を閉じたまま5分〜20分続ける
リラックス気分が薄れてきたらAとBをもう一度繰り返す

簡単でしょ?


普段からなかなか疲れが取れない。
理由はわからないけど、なんとなくだるい。
いつもリラックスできないなんていう人はぜひ
試してみて下さいね♪



No.1美容ブログは……!?

骨盤をリセットしよう!D


これまで、骨盤についての色々なお話をしてきましたが、歪みは様々な不調や肥満を招く原因になることが分かりましたね。

では、正常な状態になった骨盤を歪ませないためにはどうすればいいのでしょう?

それは、やっぱり『歪まない生活習慣を意識すること』です(^_^)

特に、立つ・歩く・座る・寝る の基本動作を意識するだけで、キレイな骨盤を維持することができます。

骨盤が毎日の生活習慣のなかで開閉することはお話しました。

この時に基本動作の立つ・歩く・座るなどの行動が正しく出来ると、骨盤をはじめ ウエストサイズやバストラインが整ったり、血液やリンパの流れがスムーズになって代謝が上がるなど、体全体に良い変化をもたらしてくれます。

ただ、基本動作が正しいかどうかは自分では分かりにくいですよね(^_^;)

そこで意識してもらいたいのが姿勢。

基本動作の姿勢が美しいと体のバランスがとりやすく、骨盤が安定し、歪みにくくなるのです。

では、美しい姿勢を保つポイントをいくつか挙げてみましょう(*^^*)

@ 重心を意識してまっすぐ立つ……手を下腹部の前で組むと重心の位置が高くなり 動きやすくなる

A 重心を移動する歩き方で骨盤を安定させる……モデルがウォーキングレッスンをするときのように1本の線を親指で踏むようなイメージで、膝から歩き始める

B 全身をほぐして骨盤の歪みを防ぐ……骨盤が歪むと、これにつながっている背骨や肩甲骨にも歪みを生じ、骨についている筋肉が緊張するため 肩凝りを引き起こしますし、骨盤は股関節ともつながっているので、歪むと正しい歩き方ができずにむくみを引き起こします。
これを解消するには左右のバランスを意識してストレッチをするのが有効です☆


C 股関節がゆるまない寝方を知る……一般的に正しいとされる寝方は『仰向けに寝て両手を体の横に添える』事ですが、腰痛持ちの人には辛い場合もあります。
おすすめは布団と体の隙間をタオルなどでサポートする仰向けの寝方です。
隙間を埋めることで、骨 本来の向きを妨げないで負担を軽くします。

D 骨盤を立てて座り、広がるのを防ぐ……座っているときは自然に骨盤が広がってしまうため、座るときにヒップのお肉を片方ずつしまいましょう。
こうするとヒップが一回り小さくなった状態になり、背骨が自然にまっすぐに伸びます。


これまで意識していなかった人も、基本的な姿勢を知ることで 歪みにくい骨盤をつくることができますので、一度試してみてくださいね(^_^)




No.1美容ブログは……!?

骨盤をリセットしよう!C


姿勢を保って体のバランスを維持するために大切な骨と筋肉ですが、これらが歪む事で体の不調を引き起こしたり、むくみや肥満の原因に繋がる事は既にお話しました。

やはり普段から歪まない生活を心がけたいものです。

とは言っても誰にでも多少の歪みは存在しますから、それを放っておかずに『いかにリセットするか!』が問題となると思います。

そこで今回はインナーマッスルを鍛えて骨盤周りを強化するエクササイズをご紹介します。

【体の調子を整えるエクササイズ】

このエクササイズは骨盤を動かして温め、血行やリンパの流れを良くする事で、股関節に老廃物を詰まらせないようにします。

@ 脚を肩幅より少し広めに開き、重心を中心に安定させる。
両手を腰に当てて、上体を動かさずに軽く腰を曲げ、骨盤だけを左右に動かす。

A @の姿勢で骨盤を前後に動かす。
猫背にならないように注意し、骨盤をしっかり動かす事を意識する。

B 左右 前後に良く動かしたら、最後は骨盤を回して温める。
上体が動かないように注意する。

【股関節をほぐすストレッチ】

股関節をほぐして老廃物を溜めないようにするストレッチです。

@ 両足の裏を合わせてあぐらをかき、股関節を開いて座る。
仙骨(尾てい骨の上にある骨)を立てて骨盤が後ろに傾かないように注意する。

A 仙骨と骨盤を立てたまま、息を吐きながら上体をゆっくり前に倒していく。

【骨盤を締めるトレーニング】

骨盤をほぐしたら次は締めて骨盤の状態を整えましょう。

@ 仰向けに寝て膝を曲げ、右脚のふくらはぎを左ひざの上に乗せる。

A そのままおしりを上げてストンと落とす。
これを脚を組み替えて行う。

数回から始めて慣れてきたら回数を増やしていきましょう(^-^)

簡単にできて効果的に骨盤周りのインナーマッスルを鍛えられるエクササイズです☆

一度試してみて下さいね(^_^)




No.1美容ブログは……!?

骨盤をリセットしよう!B


歪みを正すには骨を矯正する事がまず頭に浮かびますが、実は骨に付いている筋肉を鍛える事も同じくらい大切になります。

私たちの体を支えている骨は、骨格筋という筋肉によってバランスを保っており、骨単体では体を動かす事ができません。

筋肉が付いていて初めて動かせるのです。

ところが、毎日決まった筋肉しか動かさない生活をしていると、体の深部にある、普段の運動ではなかなか鍛えられない筋肉が退化してしまいます。

そうなると筋肉に柔軟性が無くなり、血液の循環が悪くなって代謝が落ち、さらには関節の稼働域まで狭くなってしまうことに。

普段使っていない体の深部にあるインナーマッスルを鍛えることで 歪みにくい体を作りましょう。

インナーマッスルは いくら鍛えてもムキムキにならず、脂肪燃焼を促進したり、むくみの原因である余分な水分をスムーズに排泄させる などの美容効果も期待できる筋肉です。

これを効果的に鍛えるなら、骨盤周りと骨盤と連動して動く肩甲骨周りの筋肉を使うエクササイズを毎日の生活の中に取り入れるといいですね(^_^)

次回はインナーマッスルを鍛える簡単エクササイズをご紹介します☆




No.1美容ブログは……!?

骨盤をリセットしよう!A


わたしたちは日常の何気ない動きの中で、いつの間にか歪みの原因を作っている事があります。

例えば

*カバンをいつも同じ手(肩)に持つ
*よく脚を組む
*片方の脚に重心をかけて立つ
*ヒールの高い靴をはく
*ぺちゃんこ座りをする…
などがそうです。

ひとつでも心当たりがあれば体に歪みがあるかもしれません。

特に女性は月経周期とも連動して骨盤が開きやすく 歪みが起こりやすいといえます。

そこで今回は体の中心である骨盤のタイプをチェックして、体の状態をみてみることにしましょう。

■ チェック方法 ■

@まず横になって足を骨盤の幅に開き、自然に足を伸ばして体の力を抜く

A足先が車のワイパーになっているイメージで、かかとを支点に左右10回ほど振り 静かに足を止める

□ 診断 □

《片方だけ偏って開く》

体に左右差があるタイプ。体の不調の原因にもなるので歪みを解消する運動をしたり、普段の姿勢などにも気をつけましょう。

《90度ほど開いている》

骨盤の開閉がスムーズで歪みがない。今のバランスを維持できるようにしましょう。

《両足の先がかなり外側に開いている》

体内の水分をうまく出せずに腸に溜めやすいタイプ。下半身に脂肪がつきやすいため、骨盤を締める運動がオススメ。

《両足の先が90度も開かない》

自然に骨盤が締まろうとするタイプ。骨盤が締まりすぎると痩せすぎなどの原因になるので、骨盤を適度に開く運動をしましょう。


また、このようなチェックをしなくても 見るからに肩の左右のラインが違うとか、足の長さが違う(歩く時に違和感を感じる)などの自覚症状があれば 肩甲骨や骨盤に歪みがあります。

こういった左右差を無くすにはインナーマッスルを鍛えるのも効果的。

そこで次回はインナーマッスルについてのお話をしてみたいと思います(^_^)
お楽しみに☆




No.1美容ブログは……!?

骨盤をリセットしよう!@


以前マッサージに通った時に 担当してくださった、整体師さんとの話の中で『体の歪みは大敵だよね』という話で盛り上がった事があります。

実際、歪みに気づいていないだけで 多くの人が体の歪みによる何らかの影響を受けている事が多いんですよね。

中でも骨盤は体の中心にあって 姿勢を保ったり、内臓を守ったりするのにも大切な部分。

しかし、毎日の生活習慣などから歪みを生じやすい場所でもあります。

骨盤が歪むと、体の平衡を保とうとして 他の部位が歪みます。

そうして体のバランスが悪くなると負担のかかる部分が必ず出てきます。

例えば歪んだ骨に静脈やリンパが圧迫されて流れが悪くなったり、神経に当たって痛みを感じたりすることもあるかもしれませんし、ひどい肩こりに悩まされるかもしれません。

今回は骨盤の開閉リズムや歪み知り、ボディラインの崩れや体の不調との関係を探ってみたいと思います。


ところで、骨盤は周期的に開閉運動を行なっているのをご存知ですか?

1日の開閉運動で説明すると、夜は骨盤が開き 昼間に摂取した栄養素の消化吸収を行っており、朝には目覚めに近づくにつれ徐々に締まっていきます。
骨盤を締める事で便意や尿意を起こし、老廃物を排泄しようとするためです。

この開閉リズムがスムーズにいかないと、便秘による下腹ぽっこりや冷え・肩こりなどの症状が出たり、リンパが滞り むくみやすくなったりする事に。

逆に、骨盤の左右のバランスや開閉リズムがスムーズになると

*バストアップ
*ぽっこりお腹の解消
*背中のラインが美しくなる
*くびれたウエスト
*ヒップアップ
*美脚

などの変化が期待できます☆

カラダの歪みを取って美しく健康になりましょう(^_^)

次回は『骨盤タイプを知ろう!』です。



No.1美容ブログは……!?

リンパを流してキレイになろうB


さて、リンパがどのようなものか少しは理解していただけたでしょうか?

今回はリンパが渋滞しないように 自分で出来るセルフケアをご紹介してみたいと思います(*^^*)

★まず、むくみ解消(セルライトも同様)には激しい運動や強いマッサージは向きません。

リンパを流すのは筋肉の収縮によりますが、これは緩やかな動きで十分。
ウォーキングなどの軽めの運動やスロトレが有効です。

マッサージについても同じく、強く刺激しなくても リンパは皮下4mmの浅い部分を流れているため、皮膚が動く程度にさすればOK。

★むくみがひどい人は医療用の弾性ストッキングを利用するのも手。

脚の外側から圧迫する事で皮下組織に溜まった水分を静脈やリンパ管へ押し戻すサポートをしてくれます。

はいているだけでマッサージ効果もあり☆

★そして良く笑い、よくしゃべる事(笑)!

顔の筋肉が常に良く動く人、つまり表情豊かな人ほど 顔のリンパもよく流れていてむくみにくく、余計な脂肪もつきにくいのです。

★入浴はシャワーだけでなく、湯船に浸かりましょう。
代謝を促す入浴剤を使用するのもマル。

特に冷え症の人はむくみやすいため、湯船に浸かって体をあたためてから 入浴後にマッサージをすると効果的です(^_^)

また湯船に浸かる事で水圧による全身マッサージ効果も期待できます☆

出来る事からコツコツ始めて むくみ知らずの健康な体を目指しましょo(^-^)o




No.1美容ブログは……!?

リンパを流してキレイになろうA


前回、リンパとはどんな働きをするものか というお話をしました。

今日はその仕組みについてみていきたいと思います。

リンパは全身に張り巡らされています。

しかし前回お話したように、常に循環しているわけではありません。

皮下組織に水分が増えすぎると、それを調整するために働きはじめます。
主に皮膚の浅いところに走る毛細リンパ管は合流して太くなっていき、中継地点であるリンパ節を通過して最終的に深部リンパ管へと合流します。

リンパは老廃物や有害物質、脂肪やたんぱく質も運ぶと言いましたね?

ということは、これらが流れなくなると どうでしょう?

老廃物や余分な水分や脂肪などが体に溜まってしまい、むくみや冷え、代謝の低下から肥満を招く事に(-"-;)

よく『むくみを放っておくと太る』と言われるのは、リンパ管の働きが弱くて脂肪が回収されずに溜まってしまい、塊(セルライト)を作ってしまうからなのです。

その部分は冷えて血液循環が悪くなり 代謝が低下しますから、どんどん痩せにくくなるという悪循環を生んでしまう事に(+_+)

逆に言えば、リンパがしっかり働けば老廃物や余分な水分・脂肪を排出できる訳ですから、自然と健康になれるし スリムにもなれるということなのです。

次回はリンパのセルフケアについて説明します(^_^)




No.1美容ブログは……!?

リンパを流してキレイになろう@


リンパの働きが悪いとむくんだり、肌がくすんだりすることは みなさんもご存知ですよね?

でも実際にリンパが見える訳ではないのでイメージしにくいっていう人も多いはず。

今回はそんなリンパについて、シリーズで お話してみたいと思いますo(^-^)o

第1回目は『リンパの働き』について。

そもそも、リンパの働きとはどんなものなのでしょう?

まず、ひとつめの働きは 皮下組織の余分な水分を調節して むくまないようにする事です。

通常なら、余分な水分の多くは静脈が回収しますが、静脈の働きが悪いと皮下組織に溜まっていきます。

これが一定量を超えると初めてリンパが働き始めます。

ところがリンパの働きが悪いと皮下組織の水分が回収されないため むくみが起こるのです。

この余分な水分はリンパ管を通りはするものの、常に流れているわけではありません。

静脈もリンパ管も自発的に働くのではなく、周囲の筋肉や組織が動く事でポンプのような作用が働き、ようやく流れているのです。

むくみを解消するには手や脚の筋肉を動かして静脈とリンパ管のポンプ作用を促すことです。

また、水分だけでなく脂肪やたんぱく質、細菌やウイルスなど 老廃物や有害物質もリンパを通ります。
これらをリンパ節のフィルターでろ過して浄化する仕事も担っているのです。

ようするに、体の中の排水管や下水管という感じでしょうか。

しかし脂肪の塊であるセルライトは大きくてリンパ管を通ることができないため、分解されないセルライトは皮下に溜まったままになってしまうのです。

次回はリンパのしくみを見ていきます(^_^)




No.1美容ブログは……!?

腸リセット計画


特に太っていなくてもお腹のポッコリに悩まされている人も多いのでは?

ポッコリの原因の一つは腸内環境の乱れにあります。

例えば便秘をすると腸内にガスが溜まりやすくなるのもそう。

普通の人でも毎日2〜3Lものガスが排出されているそうです。
これが溜まれば下腹も出て当然ですよね(^_^;)

放っておくと肌荒れや口臭など、トラブルにつながる事も。

そこで腸内環境を整えるポイントを見ていきましょう。

☆☆まず腸内細菌のバランスを整える☆☆

腸内には『善玉菌』や『悪玉菌』がいるというのは良く聞きますよね(^-^)
善玉菌がしっかり働けば腸内環境は良くなりますし、悪玉菌が増えると腸内環境が悪くなり、食べたものがお腹の中で腐った状態になってしまいます。

こんなことにならないために、善玉菌を増やしてあげましょう。

みなさんがよくご存知の乳酸菌は善玉菌を増やして、体の免疫も高めてくれます。

乳酸菌を選ぶポイントとしては、人によって腸内に住んで菌や そのバランスが違うため、色々試してみて調子が良くなった菌を継続して取り入れてみるのがいいでしょう(^^)

☆☆食物繊維を摂る☆☆

食物繊維は水を含むと膨らみ、腸壁を刺激する事で老廃物をかき出したり吸着して排泄するというデトックス効果もo(^-^)o

食物繊維には不溶性食物繊維(水に溶けない食物繊維)と水溶性食物繊維(水に溶ける食物繊維)があります。

これらを2:1の割合で摂取すると理想的だと言われています。

主に不溶性食物繊維が多く含まれる食品としては穀類、芋類、マメ類、根菜や野菜に含まれるセルロースなど。

また、水溶性食物繊維が多く含まれる食品にはバナナやリンゴなどのくだものや、寒天などの海藻類、キノコ等があります。

ポッコリお腹を改善して腸内環境を整え、美容と健康を維持しましょ!(b^ー°)




No.1美容ブログは……!?

女性ホルモンの話


私たちの体では様々なホルモンが働いてくれています。

今日は、たくさんあるホルモンの中から女性ホルモン(エストロゲン)についてお話してみたいと思います。

ところで、あなたは女性ホルモンと言えば何を想像しますか?

『胸が大きくなるホルモンでしょ?』
と答えられる人が多いのですが、他にも重要な役割を持っています。

排卵や生理周期と深く関係している他にも

☆体温や血圧、心拍や呼吸リズムを調整する

☆肌に弾力を与え、髪を艶やかにし、骨、血管、筋肉を強くする

☆脳や神経を活性化する

☆メラニンの生成を抑制する

などにも関わっています。

また、精神的・身体的にも安定した状態を保ってくれるのがエストロゲン。

女性の体はデリケートで、ストレスや睡眠不足などの生活習慣でもホルモンのバランスが崩れやすいため、中には若いうちから生理が止まってしまったり 不順だったりという事も多いのです。

エストロゲンが不足する事は老化につながります。

身近な例を挙げると、更年期障害はエストロゲンが不足することによって起こる症状です。

上記に挙げたホルモンの働きが低下するため、

★シミやたるみを引き起こす

★骨密度低下により骨がもろくなる

★髪が抜けやすくなり薄くなる

★悪玉コレステロールが増え、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしやすくなる

★ほてりやめまい、リウマチなどの症状が出やすくなる

…といった様々な老化現象が起こりやすくなるのです。

特に閉経後はエストロゲンが極端に減少するため、それまで保たれていた体のバランスが崩れて不調となって表れることに。

『じゃあ外から補えばいいんじゃない?』と言う人もいるかもしれませんが、エストロゲンは一生のうちでティースプーン1〜2杯ほどしか分泌されないホルモン。

これを足りないからと言って安易に補う事は危険です。

正常な女性ホルモンの分泌には、規則正しい生活と質の良い睡眠、バランスのよい食事。
そしてストレスを溜めないようにする事が大切(^-^)

女性ホルモンはいつまでも若々しく健康でいるために必要不可欠なものです。

枯れない女性でいたいなら『健康的に過ごす事』を見直してみて☆




No.1美容ブログは……!?

美肌を作る栄養素


肌の基本が分かったら、次は美肌を作るために必要な栄養素についてみていきましょう♪

「肌にいい食べ物」と一口に言っても、数えきれない食品がありますよね。

一日30品目なんていいますが、なかなか食べられないし「肌にいい」と分かっていても続かない(^^;

結果、『手軽に食べられるパンやおにぎり』とか

『お洒落なイタリアンのお店でパスタとサラダ』なんていうのに手が伸びてしまい、炭水化物に偏った食事になりがち。

わたしもパンやご飯、パスタも大好きなのですが 炭水化物はカロリーにはなっても肌への栄養にはならないんです(T_T)

また、生野菜のサラダはビタミンの含有量が少なく、たくさん食べられない上、体を冷やしてしまいます。

冷えは血行不良を招き、肌に栄養が行き届かなくなるため代謝が下がってしまうのです。

肌の事を考えるなら、ベータカロチンをたくさん含む緑黄色野菜や、ビタミンCを豊富に含む淡色野菜を摂りましょう。

これらは抗酸化作用をもち、肌荒れや老化を防ぐ働きがあります。

そして肌を生み出す元になるタンパク質も大切ですね。

脂肪分の少ない鶏のササミや豚のモモ肉、白身魚や豆類なども高タンパク低カロリー(^-^)
美肌には欠かせないタンパク質は必ず摂取☆

さらに 主食のご飯は炭水化物ですが、玄米に変えるだけで栄養価が変わってきます。

腸内細菌のバランスも整えてくれるので、便秘の人にもオススメです(^^)

玄米にはビタミンB群、鉄分、各種ミネラルの他 水溶性・不溶性の食物繊維がバランスよく含まれています。
これらが腸内で膨らみ、腸の壁を刺激して蠕動運動を活発にしてくれるのです。

日本人は他の人種に比べても肌のキメが細かく、肌老化も遅い民族と言われています。

昔からの伝統的な和食が、結局は一番肌にいいのかもしれませんね(^-^)




No.1美容ブログは……!?

春の敏感肌対策C


今回はシリーズ最終回『ニキができやすい春の肌ケア』をお届けします☆

この時季は特に脂っぽいわけでもないのに、アゴやおでこにニキビができやすい…。そんなことありませんか?

その原因は角質層の状態にあります。

肌は乾燥すると自らを守ろうとして角質を厚くします。
それが毛穴をふさぐ事で皮脂が詰まりやすくなるのです。


解消するには古い角質を柔らかくしたり、剥がれやすくするピーリングアイテムをプラスすること(^-^)

ただし、ピーリングといっても 洗い流すものやスクラブタイプは刺激が強く、春の肌にはNGです。

古い角質の結びつきを緩める、塗るだけの美容液や乳液、クリームタイプがオススメ♪

これらはピーリング成分の濃度が低いので肌にほとんど負担をかけなくてすみます。


また、春の揺らいだ肌には保湿と刺激の少ないお手入れが何より大切ですから、お化粧品を新調する際も1アイテムごとに取り入れる工夫も必要ですね。(一度に総入れ替えをして肌が荒れたら、どれが原因か分からないでしょう?)

さぁ、これらを踏まえて 今年の春の肌ケアを始めてみましょう(^-^)

トラブルのない健やかな肌はあなた自身で作るのです=^ェ^=



No.1美容ブログは……!?

春の敏感肌対策B


シリーズ3回目は『くすみと肌荒れが気になる春の肌ケア』です(^-^)

まず、くすみは血行不良や それに伴う肌のターンオーバーの乱れによって起こります。

例えば、透明なラップは 1枚なら向こうが透けて見えますが、3枚4枚と重ねていくと濁って見えづらくなりますよね?

くすみもそれと同じです。
古い角質が剥れず残ってしまう事で透明感がなくなるのです。

こうなる原因は主に血行不良。

表皮の基底層は真皮の毛細血管から栄養と酸素をもらって新しい細胞を作ります。

ところが、血行が悪いと基底層に栄養や酸素が届きません。

さらに春は肌が乾燥しやすいので、バリア機能が衰えて 荒れやすいという要素も増えます。

こんな春の肌ケアには新陳代謝を活性化する化粧品と血行促進がオススメです(^-^)

また、丈夫な肌をつくるために免疫力を高める 抗酸化化粧品もいいですね(^-^)

例えばビタミンCやE、レチノールやプラセンタ、アスタキサンチンにピクノジェノール、EGF、スクワランオイルやセラミドetc…は肌細胞を活性化させたり、抵抗力やバリア機能をを高めるといった働きがあります。

他にも 肌を温めたり冷やしたりすることで血行促進効果がありますので、試してみて下さいね(^-^)

ただし、この時期は強いマッサージやピーリングは避けたほうがいいでしょう。


次回は『ニキができやすい春の肌ケア』です(^-^)



No.1美容ブログは……!?

春の敏感肌対策A

今日は春の敏感肌対策2回目として『乾燥が気になる春の肌ケア』をテーマにご紹介していきますね(^-^)

春の肌はバランスを崩しやすく デリケート。
大切なのは『保湿』だと前回お伝えしました。

でも念入りにケアしているつもりなのに、乾燥した室内にいる間にすっかり乾いちゃった(>_<)! なんてこともありますよね?

そんな日は夜のお手入れに保湿マスクをプラスしてみましょう。

色々なタイプのマスクがありますが、クリームタイプの保湿マスクは肌の密封効果が高いのでオススメ☆←うるおいを肌の内側に閉じ込められるため

また、液だれしにくいコクのあるシートマスクもいいですね=^ェ^=

特に緊急を要する状態でなくても、この時季は乾燥しやすいので週末などに定期的にケアをする事で、うるおい肌を維持できます(*^^*)

もし既に肌がピリピリして化粧品が染みるなどのトラブルが起こっている場合は、肌のバリア機能が衰えています。

クレンジングや化粧水は刺激になる場合があるのでやめて、美容液か乳液だけにしてみましょう。

ベースメイクは下地とフェイスパウダーだけにしておけば洗顔料だけでも落ちます。

極力肌に負担をかけないようなお手入れを心がけて(^-^)


次回は『くすみと肌荒れが気になる春の肌ケア』です☆



No.1美容ブログは……!?

春の敏感肌対策@


あなたはいつもどんなスキンケアをしていますか?

化粧水の後に美容液、乳液にスポッツクリーム…たくさんのアイテムを重ねて機能を一度に詰め込もうとしているのでは?

でも この時期は肌が敏感になりやすく、たくさんの成分の入った化粧品を重ねると、どれかが刺激になることがあるんです。

春の肌に必要なのは、肌を健康な状態に導くための保湿ケア。

もし肌の調子が悪いのであれば、化粧水のあとは保湿アイテムをひとつだけにしてみて(^-^)

化粧品を選ぶ時は、化粧水と同様にしっかりと保湿成分が入ったものを選びましょう。

また、肌の皮脂分泌の量はPM3:00前後を目安に 脂取り紙で顔全体を押さえてみて確認してみましょう(^-^)

皮脂量が多ければ 朝のケアに必要以上の油分をプラスする必要はありません。

乾燥が気になる場合は油分の少ない美容液や乳液を一つ選んでみて☆

次回は『乾燥が気になる春の肌ケア』です(^-^)



No.1美容ブログは……!?

チョコで『ヤセ脳』を作る

『寂しい女はチョコを欲しがる』と言ったらあなたは信じますか?

実はチョコレートの中には愛情に満たされた時に分泌される“脳内ホルモン”と似た成分が含まれているのです。

さらにチョコレートには習慣性があり、愛情不足の人はそれを埋めるために無意識にチョコを食べる傾向があるんですって。


ストレスに晒されると脳はそれに対抗しようとして様々なホルモンを分泌します。

このホルモンが代謝を下げたり、脂肪を蓄える、食欲を増進させるなどの原因となって太りやすくなってしまうのです。

ストレスはダイエットの大敵(>_<)

でも、簡単に環境を変えたり、人間関係を変えたりするわけにはいかないので、せめて食べる事でストレスをためないように心がけたいですね(^-^)

そこでチョコレート。
『太りやすくなりがちな脳を癒す』という意味では効果があります。

ストレスが多くて 食べる事にベクトルが向いてしまう。
あるいは甘いものに依存してしまって痩せられないなどの人にはぴったり☆(チョコにはストレスからくる過食やイライラを鎮めてくれる効果があるため)

ただし、チョコの選び方には気を付けましょう。

市販されている普通の板チョコや生チョコには『植物油脂』という良くない油や砂糖がたっぷり。

こういったものはダイエットに向かないばかりか、お肌にもよくありません。

効果のあるチョコとは、カカオが70%以上のピュアなもの。

チョコレートが大好きでダイエットがしたい人はぜひチャレンジしてみて下さい(^-^)



No.1美容ブログは……!?

血のめぐりをよくしてキレイになろう!


●常に体が冷えてむくみがある
●目の下にクマができやすい
●肩こりや生理痛がひどい


こんな悩みありませんか?

これらはみんな血のめぐりが悪いせいで起こっています。
循環を滞らせるメカニズムを知って、体の中からキレイになりましょう(^-^)


血のめぐりは代謝と大きく関係しているのをご存知ですか?

心臓から送られた血液は栄養素や酸素を運び、エネルギーを生み出して体の新陳代謝を促しています。

血液循環が悪くなると老廃物や二酸化炭素などを回収する働きが鈍くなり、代謝力が低下するんです。

具体的には栄養素や酸素が不足して疲労を感じ、老廃物が体内に溜まって肌荒れや肩こりが生じることに(>_<)

血のめぐりを良くするためには、

・サラサラの血液
・血液を全身に送る丈夫な血管
・心臓から送り出された血液を心臓に戻す事


などが大切です。

そこで、血のめぐりをアップさせるポイントをご紹介します。


☆目覚めたらまず、眠っていた脳と筋肉を起こしてあげましょう(^-^)
布団の中で軽いストレッチを行うのが効果的。
体を伸ばしたり ひねったりすることで、血行を促進して体を温めます。
眠っていた体を動かして血流量をアップさせる事が血のめぐりを良くする第一歩。

☆サラサラの血液にする食品を積極的に摂りましょう。
不飽和脂肪酸のDHAやEPAには血液をサラサラにして 血栓を溶かす働きがあります。
また、毛細血管を強くするルチンや抗酸化作用のあるビタミンEなどの栄養も摂りたいですね(^^)

☆下半身の静脈やリンパは流れに勢いがなく、重力にひっぱられて溜りやすいため 老廃物はむくみとなってさらなる冷えをもたらします。
これを改善するには適度な筋トレやストレッチが有効。
ふくらはぎの筋肉を鍛えることによって、再び心臓に血液を戻してやる力を取り戻しましょう!
また、入浴では温めたり冷したりを繰り返す事で 血管が拡張・収縮し、血行が促進されます。


本当のアンチエイジングとは体の中から磨く事だとわたしは思っています。
そして『美』とは健康の上に成り立っているもの。

はっとしたあなたはインナービューティーを見直してみて☆



No.1美容ブログは……!?

スロトレC


スロトレC 「背肉を落とすエクササイズ」


背中はなかなか手が届かないし ケアもしにくい場所。

そのくせ意識して鏡をみることも少ないとくれば、気が付いたら いつの間にか

『背肉がつまめる( ̄□ ̄;)!!』

みたいな事に。

今日は そんな『やわらか背肉』を撃退して しなやかでなめらかな背中を手に入れるエクササイズをご紹介します♪


@壁を背中にして立ち、足を肩幅に開く

A手のひらを向こうにむけて胸の前で開く

B息を吸いながら上半身をねじり、後ろの壁に手のひらをあてる
(左右交互にそれぞれ15〜20秒キープして3セット)

上半身のみをねじるようにするのがポイント☆
背骨を縮めず伸ばしながらねじるようにしてみてね♪

慣れたらだんだん壁と体を離して行きましょう!


余分なお肉をそぎ落とし、背中美人をめざして☆



No.1美容ブログは……!?

スロトレB


スロトレB 「ポッコリ胃をヘコませるエクササイズ」


スロトレを行うと筋肉の収縮により静脈が圧迫されます。
その刺激によって 脳がハードなスポーツをしたと錯覚を起こすと 成長ホルモンを分泌するんです。

成長ホルモンは脂肪燃焼を促進して痩せやすい体を作るダイエッターの強い味方(^-^)


スロトレ3回目ではポッコリ出た胃をキュッと凹ませるエクササイズをご紹介します=^ェ^=

早速トライ☆

@壁に背中をつけて脚を伸ばして座り 両手のひらを肋骨にあてる

A4秒で風船を膨らますように息を吸い、さらに4秒キープ

B今度は8秒かけて風船を潰すように息を吐く

これを3セット☆

うまく行うコツは 息を吸うときは胃を壁に押しつけるような感覚で、吐く時は胃を肋骨の内側にしまうような感覚で行うこと。

また、肩は下げて脚はリラックスさせましょう。
慣れてきたらセット数を増やしてみてね☆

次回は『背肉を落とすエクササイズ』です☆



No.1美容ブログは……!?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。