『食べる』コツ

年末になり忘年会もたけなわ。

連日、飲んだり食べたり大騒ぎ。
まだクリスマスもあるし、お正月も来るでしょ?

こうなるとダイエッターには辛い(!?)時期。

ここで『どうしよう!食べると太る』と、いつも食べる事にマイナスイメージを持ってしまう人にアドバイスです。

『食べる時の気持ちを大事にしましょう!』

よく『病は気から』って言いますね?

しんどい、つらい、もういやだ…いつもそんなふうに思っていると、体の免疫力が低下して本当に病気になってしまう事ってあるんです。

脂肪だってそうなんですよ(^-^)

「わ!これカロリー高い!」
「全部食べたら太るだろうなぁ」
「サイアク!食べ過ぎた!」


こんな事を思うだけで、食べたものは脂肪になっちゃうのです!

食べ物を『デブのもと!』なんて悪者扱いして食べると、そのマイナスパワーが食べ物と一緒に体の中に入ります。

よく「わたしたちの体は食べているものから作られている」っていいますよね?

マイナスパワーの食べ物で体をつくれば当然マイナスボディになります。

代謝が下がって太りやすくなり、自己嫌悪に陥り、ますます自分が嫌いになるという悪循環を招くわけです。

逆に『愛のある食べ物でキレイになる』という思い込みがダイエットには非常にプラスになるんです☆

よく、子育てには『食育が大事』なんて聞きますが、まさにお母さんが作ってくれた愛情たっぷりのご飯を食べて育った子は体も心も健康です。

たとえコンビニのお弁当でも「これを食べてキレイに痩せるぞ!」とか「いつも栄養くれてありがとう♪」と感謝しながら食べるとプラスのパワーを一緒に体に吸収するんです。

そうすると不思議に代謝がアップしたり余分な脂肪を燃焼したり、肌のターンオーバーを促進したりと、体も答えてくれます。

日々、口に入れるものにきちんと感謝してプラスのエネルギーを補いましょう!

ダイエットはしんどいとか辛いなどマイナス思考になりがちですが、プラス思考でないとうまくいきませんよ☆

ただし、年末年始の暴飲暴食には気をつけて(^-^)
この記事へのコメント
ダメだわ。
昨日思いっきり中華食べて、後悔の念でいっぱいなの…

考え、改めなきゃ('_`)
Posted by まりな at 2007年12月19日 20:28
まりな>

ぶっ(爆)
まりならしくていいけど食べ過ぎには注意ね〜w
って、アナタ21日誕生日じゃなかった(笑)?ケーキもほどほどに(^-^)
Posted by kana at 2007年12月20日 23:34
そのとおりなんですょ(笑)あたしもダイエットの停滞期の時に、
わざとダイエットを忘れて、食べたいものをおいしく食べるんです♪
これは、体が要求してる栄養なんだ♪
って感じで
そしたら食べた後は元気になるし
次の日は体重が落ちるから不思議(笑)

おいしく食べると太りにくいとおもいます!
Posted by え〜み at 2008年03月06日 16:57
え〜みさん>

はじめまして=^ェ^=
コメントありがとうございます☆

食べる事って全てのキホンなんですよね。

これをおろそかにして健康や美なんてありえないとわたしも思いますよ(*^^*)

美味しく食べればちゃんと体は答えてくれるものです。

栄養は自然に近いものならなおいいですね(^-^)

Posted by kana at 2008年03月06日 19:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。