美容の裏技D


前回に引き続き、ヘアについての裏技 第2弾☆

今回はヘアスタイリングについての裏技をご紹介しちゃいますo(^-^)o


《簡単にウェーブヘアが作れる方法》

普段はストレートだから、ウェーブを出すのにホットカーラーやアイロンで巻いたり大変!
という方いらっしゃいますよね。

そんなとき簡単にウェーブヘアを作れちゃう裏技をご紹介します。

まず髪にセットローションを振ります(お風呂上がりの髪を乾かした後が最適。この場合は髪の根元に軽く湿気が残るぐらいに乾かす)。

髪を後ろで分けて、左右の髪をそれぞれツイスト編みにしてから襟足でおだんごをつくり、20〜30分おいてからほぐせば自然なウェーブが完成☆

ブラシを使わずに手ぐしで整えるとナチュラルに仕上がります。

髪が乾ききる直前に髪をツイストに編むのがポイント☆


《ぺたんこ髪をふんわりさせるには》

髪が少なく、ボリューム不足の人は髪を乾かす時は後ろから頭頂部へ向けて、逆さにブロー。

髪の根元にボリュームが出てトップがふんわりしますよ(^^)

これでもボリューム感が足りなければ、コームで髪の根元に軽く逆毛を立てて、さっとスプレーすればOK。


《やわらかワックスをハードワックスにかえてしっかりスタイリングする方法》

ダウンスタイルなら束感を出したりツヤを出すのにソフトワックスやクリームワックスを使いますが、アップスタイルなどでは崩れない・長時間キレイ がポイントですよね(^_^)?

こんなときは、お手持ちのワックスにハードスプレーをシューっと吹き掛けて、両手でよく混ぜのばしてから髪に揉み込んでスタイリングすれば、カチカチにならず、自然な仕上がりになります。

ナチュラルなんだけど、しっかりホールドしたいスタイルの時はオススメです。


《髪を後ろでひとつに束ねた時に頭の形をカバーするには》

後ろでひとつにまとめた髪は一歩間違えると老けた印象になりがち。

また、ひっつめ髪は頭の形がそのまま出てしまうので絶壁の人にはあまり好まれないスタイルでもあります。

でもこの方法ならトップや生え際のひきつり感が取れて、無造作でおしゃれな印象にo(^-^)o

まず、後ろで髪を束ねて緩みを作らないようにきちんと結びます。

次に片手で結び目を持ちながら もう一方の手で、アゴと耳の延長線上の髪を数束引っ張ります。

このように後頭部に『浮き』を作ってやることで自然な高さができてナチュラルな印象の束ね髪ができあがるんです☆

一見、ただ結んだだけのようですがおしゃれ度高し!
ぜひ試してみてくださいね。


色々な裏技シリーズ、いかがでしたか(^_^)?

あなたの持っている裏技知識にプラスして、お役に立てたら嬉しいです。
この記事へのコメント
こんにちは、お疲れさまですわーい(嬉しい顔) あたし、髪の毛アレンジするの好きなので、参考になりました!

特に、ワックスとスプレー混ぜるなんて発想なかったので、やってみますねo(^-^)o 仕事では夜会巻なので割とガチガチめなのですが、仕事帰りお出かけの時試してみようと思います!
明日は研修があるのでがんばります(^^)v
Posted by メグミ at 2010年05月25日 16:12
明日は研修ですか(^^)
覚えることが多くて大変だと思いますが、コツをつかめば新しい技術を習得するのも楽しくなりますよ(^^)
頑張って下さいね♪
Posted by kana at 2010年05月26日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。