美容の裏技B


今回は、女の子なら誰もが知りたいメイクの裏技を一挙公開してみたいと思いますo(^-^)o

さっそくベースメイクから☆


《ファンデーションの裏技》

基本的に、ファンデーションは厚塗りになるほど崩れやすくなるので『薄く』が鉄則です。

Tゾーンなどは特に指、またはスポンジで押し込むように塗ります(しっかり密着させるのがコツ)。

頬は少し肌を引っ張るようにしながら軽くたたき込むと、毛穴が隠れてツルンとした肌になりますよo(^-^)o

下地・ファンデーション・パウダー…と重ねる合間にスポンジでパッティングしてなじませると余分な油分や粉が取れて、透明感のあるナチュラルな肌に仕上がるので試してみて(^^)

また、スキンケアの時点で肌を冷やしてからメイクを行うと、お化粧崩れしにくくなります☆


《時間がない時のベースメイク》

寝坊しちゃって時間がない!

そんなときは敢えてファンデーションを使わずに、目の下の三角ゾーンにピンク系下地を塗って、パウダーで仕上げます。
肌は目の下の三角ゾーンがキレイであれば肌全体がキレイに見えるという特徴があるので、この部分を重点的に。

パールの入ったものを使えば、欠点を光でとばして透明感のある肌に仕上がりますよ。


《ビューラーでつけたカールをキープするには?》

ビューラーでまつ毛をあげた後、カールタイプのマスカラを下地がわりに塗っておき、形状記憶させます。

そのあと通常通りのマスカラを重ねてみましょう。
夜になるとまつ毛が下がってくる人にオススメです(^_^)


《細い・短いまつ毛にもキレイにマスカラをつける方法》

通常より細かったり短いまつ毛の人には市販のマスカラブラシは大きすぎることもありますよね?

こんなときは歯間ブラシにマスカラをつけてひと塗りしてみて。

どんなまつ毛でも しっかりキャッチできて、2度目に重ねる時は普通にマスカラブラシでダイレクトに重ねる事ができますよ(^-^)


《落ちにくいアイブローの描き方》

前髪が擦れたり、皮脂分泌のせいで、気がつくと眉毛が半分消えてた!ということ ありませんか?←わたしは前髪のせいでよくなくなるので(^_^;)

こんなときは一度描いたアイブローの後からフェイスパウダーを押さえて、さらにペンシルで描き足します。

『少しずつ描き足してはパウダーで押さえる』を繰り返して仕上げると落ちにくい眉が描けますよ。


《目力UPの裏技》

シャドーを入れる時、目尻の下の三角ゾーンにグレーやブラウンなどの淡めの影色を入れ、さらにアイラインを瞳の上下部分だけ太く描くと目が大きく見えます。

アイラインは太くしたところが高く見えるので、垂れ目の人は目尻だけ太く描くとキリっとした目元になりますよ。


《立体的なリップラインを簡単につくるには》

上唇の中央(M字ライン)に沿って、光の強いパールホワイトのパウダーを軽く塗ります。

よく馴染ませてから口紅やグロスを塗るとリップライン無しでも輪郭が際立ち、きれいな仕上がりになりますよ。


気に入った裏技があれば、さっそく試してみて下さいねo(^-^)o

次回はヘアケアの裏技をご紹介します☆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117629749
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。