甘いものを食べ過ぎちゃうのはなぜ?D


『甘いものは食べたいけど、たくさん食べたらカロリーオーバーになっちゃう(>_<)』

そう思うからケーキは半分だけ、クッキーは2枚だけ…『ちょっとずつならいいよね』と、つい色んなものを食べる。

そして残した安心感から、『たくさん食べてないから もうちょっとだけならいいか』と、さらに甘いものに手を出した結果、総カロリーはびっくりするぐらい大きくなっていた、なんてことはありませんか?

1回に食べる量は少しでも満腹感が得られないまま続けて食べていれば結局はカロリーオーバーになってしまいます。

ちりも積もれば何とやらです。


私たちは、食事をして血糖値があるレベル以上になったとき初めて満腹感を感じます。

ところが、ちょっとずつ食べると血糖値が少し上がっては、またすぐ下がってしまうため満腹感を得ることができません。

そのため、ついつい次のおやつに手が伸びてしまうのです。


『ダイエット中だから甘いものは食べちゃいけない』と、いう思い込みが ちょっと食べては残す…を繰り返すような中途半端な食べ方につながっているのかもしれません。

ダイエット中でも、1日200kcal程度のおやつは食べてもOK。

罪悪感を持って少しずつ残すような食べ方より、『おいしかった!』と食べきれるほうが満足感が高いので、ダラダラ食べをしなくてすみますよ(^_^)

今は胚芽入りや全粉粒を使ったビスケット、ノンカロリー甘味料を使ったチョコなど、200kcal以下でも満足感が得られる低カロでヘルシーな食べきりおやつがたくさんありますから、うまく利用してみましょう。

また 適度に体を動かして、甘いものを食べたい意識を運動で発散させるのもいいですね(^_^)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116212619
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。