甘いものを食べ過ぎちゃうのはなぜ?B


甘いものがとまらない原因が一つではないことは以前もお伝えしました。

今回も引き続き原因を探ってみたいと思います☆

今日は食後のデザートが習慣化している人の場合。

『コンビニに行くと必ずお菓子を買ってしまう』
とか、
『お菓子の袋を開けるとつい食べきってしまう』
とか
『ランチに行くと、最後にかならずデザートを食べる』
など、条件反射のように甘いものを食べる習慣がついている人がいますね?

このタイプの人は、どちらかというと3食きちんと食べる傾向があり、プラス食後のデザートも欠かさず食べてしまうため、カロリーオーバーになりがち。

結果 体重は増加し、ダイエットの観点からみても決して良いことではありません。

こんな人は、まず食後の行動を見直してみましょう。

まず、自分はどうして食後に甘いものを食べるのかしら?と考えてみて。

ほとんどの人は体が甘いものを欲しがっているわけではなく、いつもの習慣としてなんとなく食べていることが多いと思います。

そうだとすれば、次は少し行動を変えてみましょう。

例えば、デザートを食べることをすぐにやめられないのなら、カロリーの低いゼリーやヨーグルトを選ぶようにするなど、それまで食べていたものよりヘルシーでローカロリーのものに替えてみるのもいいでしょう。

また、食後すぐに歯を磨くのもオススメ。

歯を磨くと口の中がすっきりし、甘いものを食べたい気持ちも半減するものです。

最近は色々なフレーバーの歯磨き粉も登場しているので、デザート気分で楽しみながら歯を磨くのもいいかも(笑)


習慣は一度身についてしまうとなかなか抜けないものですから、無理なく少しずつ意識や行動を変えて、続けていくのがポイントです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。