覚えて得するメイクのツボB


さて、今日は前回の続きで【アイライン】をうまく引くコツです(^-^)

目元を強調するアイライナーですが、種類もたくさんありますよね。

『ペンシルタイプ』や『リキッドタイプ』。
ペンシルとリキッドの中間『ジェルタイプ』に『クリームタイプ』、水で溶いて使う『ケーキタイプ』などです。


『ペンシル』は柔らかくナチュラルなメイクにしたいときに向いています。
肌馴染みが良く、ソフトなラインが描けます。

『リキッド』は筆状で繊細なラインが引けますし、発色も鮮やか。
目元をくっきりはっきり見せたい時にオススメ。
また、ウォータープルーフタイプもあるので、落ちやすい人にもマル。

『ジェル』や『クリーム』は柔らかすぎず、硬すぎず ちょうどいい感じの描き味で 滑らかにスーッと描けて、太さも自由自在。

『ケーキタイプ』も描きやすく、仕上がりはマットな質感です。


さて、アイラインは目のキワ(フレームライン)に入れて、より印象的な目元に仕上げてくれるアイテムですが、なかなかうまく引けないという人も多いのではないでしょうか?

中でもリキッドを使うのが苦手な人は多いようです。

そこで、リキッドアイライナーの引きかたのポイントをご紹介しておきます☆

まず、まぶたを軽く持ち上げておき、目尻から5ミリほど内側へ向かってラインを引きます。

この時、短い線を重ねながら引くのがコツ。

今度は目頭から目尻へ向けて少しずつラインを引き 目尻まで引いた後、乾ききる前に綿棒でアウトラインをぼかします。

下まぶたのラインも同様ですが、まつげのキワにキレイな色のアイラインを細めに引くとおしゃれです♪

黒目を大きく見せたい人は瞳の上下の部分を少し太めに描いてみて☆


次回はマスカラですよ!(b^ー°)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115819521
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。