冷え症改善のススメC


今回は簡単にできる冷え性改善のポイントをいくつか ご紹介してみたいと思いますo(^-^)o


■まず、当たり前のことですが 体を冷やさないこと。

特におしゃれに敏感な女性ほど薄着になりやすく、足もとや肩の露出が多いため、知らず知らずのうちに冷えがひどくなってしまうことも。
おしゃれは大事ですが、やせ我慢はほどほどに。

■また、体を締め付けるぴったりした服装や、ガードルなどの下着も血液循環が悪くなるので冷えの原因になります。

保温性の高い下着や、締め付けないアウターを選びましょう。

■下半身が冷えやすい人は、ふくらはぎを温めるのも有効です。

寒さを感じているときは、筋肉が収縮して血液の量が少なくなるので冷えやすくなっています。

こんなときは足先よりも収縮してしまっているふくらはぎの筋肉を温めるほうが効果的☆

レッグウォーマーなどを利用するといいですね(^_^)

■そして、意外なところでは『しっかり睡眠をとること』が挙げられます。

わたしたちは眠っている間に体温を下げることで脳や心臓など、体の機能を休ませようとします。

体温を下げるとき、体は血管を拡張させて血液を皮膚の表面に集めることで放熱しています。

ところが、冷え性になってしまうと血液循環が悪いので皮膚からの放熱がうまくいかないのです。

そのため、冷え性さんは体温が下がりにくく、寝つきが悪かったり、疲れが十分とれなかったりするのです。

このように、眠りも大切な冷え性改善のためのポイントですよ!

■自分で試せることは他にもたくさんあります。

例えばリフレクソロジー。

足裏や、手のひら・指のツボを刺激するだけでも血行が良くなります。

中でも足ツボでは

【湧泉…足裏の中心より少し上の、指を曲げた時にちょうど窪む部分】

【三陰交…内くるぶしの骨から指4本分のところにあるツボ】

【足三里…膝を折り曲げて、お皿の外側の窪みから指4本分下のツボ】

などを『1回3秒ほど押して離す』を3〜4回繰り返すのもいいですし、手のツボでは中指の甲をこすったり、【合谷…親指と人差し指の間】を押すのもいいでしょう。

いずれも血行を促進したり代謝をよくしてくれますよo(^-^)o

また、ストレッチやウォーキングも効果的です。
体を温める食事にプラスして、これらも続けられることから始めてみてくださいね(^-^)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115605458
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。