冷え症改善のススメB


今回は冷えを改善するためにはどうすればいいのかを具体的に考えてみたいと思います。


体を外から温めるのも大切ですが、内側が冷えているのでは意味がありません。

外からも中からも温めてこそ、冷えを改善することができます。

そこで、内側からエネルギーを生み、体を温めるために普段の食事が大切になってきます。


よく言われることですが、食材には体を温めるもの、冷やすものがあります。

この時期は当然温める作用のあるものを積極的に摂りたいものです。

体を温める食材として特に優秀なものにショウガ がありますが、このショウガに含まれる辛味成分である『ショウガオール』が温め成分として注目されています。

朝一番に10gのショウガを摂取すれば、温め効果は3時間ほど持続するといいますから、お昼頃までは体が暖かいということになりますねo(^-^)o

ショウガ10gというとだいたい親指の第1関節までと同じぐらいの量です。

すりおろして紅茶に混ぜ、ジンジャーティーにしてもいいですし、味噌汁に加えてもマル。

ショウガを1mmほどの幅に薄切りし、ハチミツに漬ければ半日でハニージンジャーの出来上がり☆

お湯で割って『ホットハニージンジャー』にしてもいいですし、煮物などの味付けにも使えます。

また、ショウガの量は多く摂取するほど体内で熱を生み出してくれるので、色んな料理に利用したいですね(^_^)

他にも体を温めてくれる食材として、かぼちゃ・鶏肉・エビ・鮭・ニラ・ネギ・高菜・カブ・舞い茸・にんにく…などがあります。

これに長芋・豚肉・カキ・白菜・黒ゴマ・黒豆・アサリ…などの血液循環を良くする食材を合わせればさらに効果は高まります。

この時期、色んなものが食べられる鍋がいいかもしれません(^_^)

また、発酵度の高いお茶も体を温めてくれるので、普段からハーブティーやプーアル茶・ジャスミン茶・ハトムギ茶などを意識して摂るのもいいでしょう。


次回は体を温めるために簡単にできることをピックアップしてみたいと思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115391645
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。