ダイエットの基本の「キ」C


やせるポイントは、食事以外にも、運動で体脂肪を燃焼することがあげられます。

そこで今日は、具体的にやせるための運動にはどんなタイプのものがあるのかについてふれていきましょうo(^-^)o


運動には、体についた体脂肪と糖を燃焼する「有酸素運動」と、体内の糖をエネルギーとして燃焼する「無酸素運動」があります。

またこの2つをこなすための準備としての「ストレッチ」があるということはすでに述べました。

具体的にそれぞれの運動はどう違うのでしょう?

まず有酸素運動とは、呼吸をして体内に酸素を取り込みながら行う運動(ウォーキングや競歩、サイクリングや水泳など)のこと。

なぜ有酸素運動がダイエットに有効なのかというと、体内に取り込まれた酸素が、体脂肪と糖質を分解するからです。

ヒトの体は運動を行う際、まずは血液中の糖分を燃料として消費します。
その後、筋肉や肝臓に蓄えられたグリコーゲンという糖を燃焼し、それを使い切ると今度は体脂肪をじわじわ燃焼し始めるのです。

この一連の代謝活動が起こるのには平均15〜20分かかりますから、脂肪を燃やすためには最低15分は運動する必要があります。


では無酸素運動はどうでしょう。

無酸素運動とは、おもに瞬発力を利用して行う運動、たとえば短距離走や筋肉トレーニングなどがそれにあたります。

読んで字のごとく、酸素を必要としない運動で、有酸素運動のように脂肪を燃焼することはないのですが、筋肉が体内の糖をエネルギー源として消費します。

このため、筋力がアップし糖質が消費されやすい体に変わるのです。

筋力がアップする(=筋肉がつく)とどうなるのかというと、基礎代謝が高まります。

基礎代謝がアップすれば、たくさん食べても太りにくい体を手に入れることも可能なのです。

これが無酸素運動のメリットです。

ダイエットに効果的な筋肉は、おもに脂肪のつきやすい腹筋や背筋、おしりの筋肉(大臀筋)、太ももや脚の筋肉。

このあたりの筋力がアップするような筋トレを続けていきましょう(^_^)

また、ストレッチは上の2つを行う上で、ウォーミングアップとして全身の筋肉を伸ばし、体を柔らかくするためにやっておきたい運動です。

これらの運動は無理をせず、続けて行うことがポイントなので、キツイ激しい運動ではなく、行う人が気持ちよく体を動かして楽しんでできるものが向いています。


長くなってしまいましたが、運動がどうして大切なのかわかっていただけましたか?

余分な体脂肪を撃退するには、それを燃やさなくてはなりません。

そして代謝を上げることでリバウンドしにくい体を作る事が大切です。

そのために運動が必要なのです。

次回は『規則正しい生活を送ってやせる』ということについてお話したいと思いますo(^-^)o

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115247313
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。