覚えて得するメイクのツボD


顔のパーツの中で、印象を一番変えることができる部分はどこだと思いますか?


それはズバリ眉です。


眉の形で雰囲気はガラリと変わります。

スクールのメイクの授業でも、たまに『眉を生まれてこのかた手入れしたことがない』という生徒さんがいらっしゃいます。

分かりやすいので そういう生徒さんをモデルに眉の整え方を説明するのですが、左右の眉でビフォー・アフターを見ると驚く程あか抜けます。


そこで今回はバランスの良い眉のつくり方をお教えします(^_^)


まず、バランスのいい眉の条件から。

@ 『眉頭』は小鼻の延長線上より少し内側にあること

A 『眉山』は正面を向いた時の瞳の外側から目尻までの間にあること

B『眉尻』は口角と目尻を結ぶ延長線上、もしくは小鼻と目尻を結ぶ延長線上にあること


@〜Bまでのポイントをおさえれば、自然に美しい眉の形ができあがります。


では早速この条件に沿って左右の眉を描いてみましょう(^_^)

眉の描き方としては【眉頭→眉山→眉尻】
眉尻のない人は【眉山→眉尻→眉頭】の順で描くといいでしょう。

この時、眉頭とアウトラインを濃くしないことがポイント☆

いかにも『描きました!』という眉は不自然です。

ブラシを使って自然にぼかしましょう。


左右バランスよく眉が描けたら、ラインからハミ出した眉毛をカットします。

うまくカットするには眉毛の流れに沿ってハサミを入れること☆

例えば眉頭の毛は下から上に生えているのでコームは下から上に、眉山から眉尻にかけては上から下に生えているので、上から下に毛の流れに沿ってコームを当て、カットします。


また、眉を描く時に髪の色に合わせてやると自然な仕上がりになりますよ(^-^)

髪の色がかなり明るいという人はパウダーの上から眉マスカラを使用するといいでしょう。


眉が決まっていると美人度UPも間違いなし!(b^ー°)

次回はリップメイクです☆

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。