肌が荒れてしまったら?


乾燥しやすい時期は同時に肌も荒れやすいのですが、もうすでに口や目の周りに粉をふく人も見受けられるようになってきました。

荒れた肌は角質層のバリア機能が衰えているため、放っておくと更に水分が蒸発して荒れてしまいます。

そこで保湿が大切になるわけですが、このような状態の時は美容液やローションが肌にしみてしまうことがあります。

特にしみるようなひどい肌荒れを起こしている場合は少し油分の多いものを使ってみてください。

このような時は水溶性成分より油容性成分の方が肌に柔らかいのです。

例えば、肌荒れ状態の時にローション・乳液・クリームのどれかひとつを使用するならクリームを使ってみて。

これでもしみるようならワセリン(肌に優しく、アトピー性皮膚炎の治療にも使われています)を塗るとよいでしょう。

また、肌荒れを起こしていても紫外線対策は必要です。

外出時には保湿クリームの上からパウダーファンデーションやルースパウダーを使用しましょう(刺激が強いので肌が落ち着くまではリキッドファンデーションやUVクリームなどは使用しない)。

夜はダブル洗顔をして、また保湿クリームを塗る。
このお手入れを1週間ほど行なってみて☆

肌の状態が落ち着いてきたら美容液やローションを少しずつ足していきましょうo(^-^)o

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。