女性ホルモンの話


私たちの体では様々なホルモンが働いてくれています。

今日は、たくさんあるホルモンの中から女性ホルモン(エストロゲン)についてお話してみたいと思います。

ところで、あなたは女性ホルモンと言えば何を想像しますか?

『胸が大きくなるホルモンでしょ?』
と答えられる人が多いのですが、他にも重要な役割を持っています。

排卵や生理周期と深く関係している他にも

☆体温や血圧、心拍や呼吸リズムを調整する

☆肌に弾力を与え、髪を艶やかにし、骨、血管、筋肉を強くする

☆脳や神経を活性化する

☆メラニンの生成を抑制する

などにも関わっています。

また、精神的・身体的にも安定した状態を保ってくれるのがエストロゲン。

女性の体はデリケートで、ストレスや睡眠不足などの生活習慣でもホルモンのバランスが崩れやすいため、中には若いうちから生理が止まってしまったり 不順だったりという事も多いのです。

エストロゲンが不足する事は老化につながります。

身近な例を挙げると、更年期障害はエストロゲンが不足することによって起こる症状です。

上記に挙げたホルモンの働きが低下するため、

★シミやたるみを引き起こす

★骨密度低下により骨がもろくなる

★髪が抜けやすくなり薄くなる

★悪玉コレステロールが増え、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしやすくなる

★ほてりやめまい、リウマチなどの症状が出やすくなる

…といった様々な老化現象が起こりやすくなるのです。

特に閉経後はエストロゲンが極端に減少するため、それまで保たれていた体のバランスが崩れて不調となって表れることに。

『じゃあ外から補えばいいんじゃない?』と言う人もいるかもしれませんが、エストロゲンは一生のうちでティースプーン1〜2杯ほどしか分泌されないホルモン。

これを足りないからと言って安易に補う事は危険です。

正常な女性ホルモンの分泌には、規則正しい生活と質の良い睡眠、バランスのよい食事。
そしてストレスを溜めないようにする事が大切(^-^)

女性ホルモンはいつまでも若々しく健康でいるために必要不可欠なものです。

枯れない女性でいたいなら『健康的に過ごす事』を見直してみて☆

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。