美肌を作る栄養素


肌の基本が分かったら、次は美肌を作るために必要な栄養素についてみていきましょう♪

「肌にいい食べ物」と一口に言っても、数えきれない食品がありますよね。

一日30品目なんていいますが、なかなか食べられないし「肌にいい」と分かっていても続かない(^^;

結果、『手軽に食べられるパンやおにぎり』とか

『お洒落なイタリアンのお店でパスタとサラダ』なんていうのに手が伸びてしまい、炭水化物に偏った食事になりがち。

わたしもパンやご飯、パスタも大好きなのですが 炭水化物はカロリーにはなっても肌への栄養にはならないんです(T_T)

また、生野菜のサラダはビタミンの含有量が少なく、たくさん食べられない上、体を冷やしてしまいます。

冷えは血行不良を招き、肌に栄養が行き届かなくなるため代謝が下がってしまうのです。

肌の事を考えるなら、ベータカロチンをたくさん含む緑黄色野菜や、ビタミンCを豊富に含む淡色野菜を摂りましょう。

これらは抗酸化作用をもち、肌荒れや老化を防ぐ働きがあります。

そして肌を生み出す元になるタンパク質も大切ですね。

脂肪分の少ない鶏のササミや豚のモモ肉、白身魚や豆類なども高タンパク低カロリー(^-^)
美肌には欠かせないタンパク質は必ず摂取☆

さらに 主食のご飯は炭水化物ですが、玄米に変えるだけで栄養価が変わってきます。

腸内細菌のバランスも整えてくれるので、便秘の人にもオススメです(^^)

玄米にはビタミンB群、鉄分、各種ミネラルの他 水溶性・不溶性の食物繊維がバランスよく含まれています。
これらが腸内で膨らみ、腸の壁を刺激して蠕動運動を活発にしてくれるのです。

日本人は他の人種に比べても肌のキメが細かく、肌老化も遅い民族と言われています。

昔からの伝統的な和食が、結局は一番肌にいいのかもしれませんね(^-^)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。