サロンを選ぶ基準A


本当によいエステティックサロンとはどんなサロンなのでしょう?

例えば…

*常に向上心がある

*多くの顧客に支持されている

*接客・マナーやサービスが行き届いている

*エステティシャンが高い技術と知識を持っている

*お客様の声をサロンに反映させている

などなど

最新の技術や情報に敏感で、外に向けて様々な情報を発信できる。
スタッフの教育が行き届いており、顧客満足度が高い。
また、お客様のためにスタッフ一人ひとりが常に知識や技術を磨いている。

お客様の質問に対して的確に分かりやすく答えられる

こういったサロンであれば、よいサロンと言う事ができると思います。

ただし、外から見ただけでは なかなかここまでは分からないものですよね(^^;
それに、直接 サロンやスタッフに関わってみて初めて分かる事もあります。

そんなわけで、まずはサロン体験をしてみましょう!

もちろん前回の失敗しないサロンの選び方の手順を踏みます。

そして実際に行ってみる。

まずは入店時の対応をチェックして下さい。
笑顔で気持ちよく迎えてくれて お待たせしないかどうか。
第一印象でサロンのイメージが決まってしまいますから、これは大事ですよね。

そしてカウンセリング。
ここでお客様の要望を正確に汲み取り、肌診断などを行なった上で適切なメニューを組み立てます。

サロン側にとっては当たり前の事なのですが 実際のカウンセリングよりもコースの説明が長かったり、不必要なメニューを勧められたりすることもなきにしもあらず。

いくら勧められても、その気がないなら絶対にコースを組んだりしないことです。

そして、分からないことは納得できるまで聞く事!

お客様には施術内容や料金についてなど様々な事を聞く権利があり、エステティシャンにはそれに答える義務があります。

これを『インフォームドコンセント』と言い、近年エステティックでも重要視されているのですが、このような『説明と同意』があって初めて施術を行う事ができる事を覚えておきましょう。

聞いた事にキチンと答えられないのは勉強不足。
やはりエステティシャンには お客様に正しい情報を提供できる知識を持っていてほしいですよね(^-^)

さて、次に実際の施術で気をつけておきたいポイントを挙げておきますと、エステティシャンがお客様に対して細かい気配りが出来ているかどうかという点です。

例えば、敏感肌だと分かっているのにマッサージや拭き取りが強すぎるとか、エステティック機器のボリュームを初期設定のまま、調整を行わない などの対応は、場合によってはトラブルにつながることも。

自分の身を任せるわけですから、やはり相手の身になって気をつかってくれるエステティシャンに担当して欲しいものです。

エステティシャンの仕事に対する姿勢をみておきましょう(^-^)

最後にアフターカウンセリングです。

施術前と後でどれぐらい変わったのか、または改善されたのかを確認したり、さらにホームケアのアドバイスや注意事項を説明します。

ここでも、カウンセリングよりコースや店販商品の説明が長かったり、とにかく契約を取ろうと 良いことばかりを並べ立てる場合は要注意。

エステティシャンが本当にお客様のためを思って接しているかどうかがポイントになります。

商品を勧めるにしても、お客様の肌を良い状態に保つために必要な場合もありますから 商品を勧められたからといって『良くないサロン』というわけではありません。

この場合 必要ないものを無理に買わせようとするとか、契約をとるまで帰さない などといった行為が問題となります。

要するに、お客様を気持ちよくお迎えして 気持ちよく送り出すことのできるサロンを選ぶことが失敗しないコツなのです。

エステティックサロンの敷居は決して高くありません。

あなたに一番合ったサロンをぜひ見つけて下さい=^ェ^=

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。