春の敏感肌対策B


シリーズ3回目は『くすみと肌荒れが気になる春の肌ケア』です(^-^)

まず、くすみは血行不良や それに伴う肌のターンオーバーの乱れによって起こります。

例えば、透明なラップは 1枚なら向こうが透けて見えますが、3枚4枚と重ねていくと濁って見えづらくなりますよね?

くすみもそれと同じです。
古い角質が剥れず残ってしまう事で透明感がなくなるのです。

こうなる原因は主に血行不良。

表皮の基底層は真皮の毛細血管から栄養と酸素をもらって新しい細胞を作ります。

ところが、血行が悪いと基底層に栄養や酸素が届きません。

さらに春は肌が乾燥しやすいので、バリア機能が衰えて 荒れやすいという要素も増えます。

こんな春の肌ケアには新陳代謝を活性化する化粧品と血行促進がオススメです(^-^)

また、丈夫な肌をつくるために免疫力を高める 抗酸化化粧品もいいですね(^-^)

例えばビタミンCやE、レチノールやプラセンタ、アスタキサンチンにピクノジェノール、EGF、スクワランオイルやセラミドetc…は肌細胞を活性化させたり、抵抗力やバリア機能をを高めるといった働きがあります。

他にも 肌を温めたり冷やしたりすることで血行促進効果がありますので、試してみて下さいね(^-^)

ただし、この時期は強いマッサージやピーリングは避けたほうがいいでしょう。


次回は『ニキができやすい春の肌ケア』です(^-^)
この記事へのコメント
アル子肌が弱いゎ(>_<)気を付けなければいけません!ビタミン。。。勉強になったゎ〜わたしもぉ肌を手入れしなきゃだゎ
Posted by アル子 at 2009年01月15日 00:01
アル子さん>

とにかくこの時期 乾燥は大敵!

保湿を心がけてね(^-^)
Posted by kana at 2009年01月16日 10:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。