色の話をしようE

紫色はむかしから王族や貴族が好んだ色として有名ですね(^-^)

これは紫色の染料が貴重で高価だったからというだけではなく、その染料自体に薬効成分があったからなんですって。
紫に染められた服を着る人の健康にも役立っていたそう。


【パープル】

■心理的な癒しの色

■高貴で神聖なイメージ

■傷を負った心に安らぎを与える色

■落ち込んでいるとき、そこから立ちあがりたいときに自然と身につけたくなる色

紫は私たちの傷ついた心と体に優しいヒーリングカラーなんですね☆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110615223
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。