黄金の水

私たちの体は約70%が水分。
これが年齢と共に減少することで老化していきます。
よく『美容と健康のために1日2Lの水を飲みましょう!』なんて言いますよね?

今日はこの水を効果的にとる方法をお教えします。

方法はとても簡単♪
お水を飲むタイミングを覚えてもらうだけです。
このタイミングが『ただの水』を『黄金の水』に変えるのです。

そのタイミングとは?

*朝起きてすぐ
*入浴前
*就寝前

です。

簡単でしょ?!

☆まず朝起きてからのコップ1杯の水は、就寝中に失った水分を補給すると共に、胃腸の働きを活発にさせ、その後の栄養補給をスムーズにさせる働きがあります。

☆入浴前の水は、発汗で失われる水をあらかじめとる事で細胞の脱水症状を防ぐ目的があるのです。
お風呂上がりに水を飲む人は多いですが、喉が渇いてから水をのんでもすでに細胞には水分が足りません。

☆夜寝る前に飲む水は入浴前と同様に就寝中、発汗によって失われる水分をあらかじめ補給する目的があります。
眠っている間は思った以上に水分が失われているのです。
お年寄りが明け方に脳梗塞や心筋梗塞で亡くなる事が多い理由として、就寝中に血中の水分が減り、ドロドロの血液が血栓を作ってしまうためという報告があります。


『水』と言うのは私たちの体になくてはならないものです。
私たちの体を構成している60兆の細胞ひとつひとつが水を必要とするのです。

私たちの若々しさを保つ『水』。
一度見直してみては?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110456196
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。