なりたい自分になれる色

28・29日、天満橋のOMMビルで関西初のパーソナルカラーフェアが行われました。

初めてということで、少しこぢんまりした会場だったのですが、予想をはるかに超えた満員御礼状態!

私も28日に参加してきました(^^)

なかなか機会がないカラー診断をしてくれるとあって予約は長蛇の列。

有料にも関わらず、当日のパーソナルカラー診断は午前中のうちに予約が埋まってしまい、29日には急きょ診断ブースを増設したとかw

わたしは今回、協会の先生方にご挨拶を兼ねて(もちろん興味津々で)出席したのですが、思った以上にカラーコーディネートを必要とする業種が多くてびっくり!

服飾・美容関係・インテリア・食に至るまで幅広いジャンルで用いられており、いかに効果的にカラーを使うかによってプラスの印象を持たせることができるということを分かりやすく説明していて、パーソナルカラーを知らない人でも興味の持てる内容となっていました。

RIMG0868.jpg RIMG0896.jpg
RIMG0914.jpg RIMG08550001.jpg


『パーソナルカラーで自分自身をブランディングすることもできる』と 今回のフェアの委員長である花岡先生はおっしゃっています。

RIMG0874.jpg


より自分らしく。
より個性的に。

『なりたい自分になれる色』
それがパーソナルカラーの魅力なんです。

これに『線』や『素材』『質感』などが加わることで、より具体的なパーソナルブランディングが出来るようになります。

好きな色・好きなスタイルは人それぞれですが、それが本当に似合っているかは別問題。

本当に似合う色を身につけたときは印象がコロッと変わるから面白い!

自分に似合う『色』『スタイル』『質感・形』『アクセサリー』に至るまでコーディネートしていくと、まるで魔法のスティックを振ったみたいに その人の良さが引き立つのです。

このあたりはカラーアナリストの先生による講習で詳しく聞くことができました。

RIMG0938.jpg RIMG0909.jpg


写真も山ほど撮ったのですが、サイズの関係で全てご紹介できないのがとても残念です。

私にとってカラーは不思議で楽しい魔法のツール。

このような機会があればまた是非出席したいと思いました(^^)



No.1美容ブログは……!?

緑茶の効果

先日『世界一受けたい授業』という番組の中で、緑茶の効果について詳しく検証していました。
ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、ちょっと面白かったのでメモを取ってみました。

緑茶にこんな効果があるのをあなたはご存知でしたか(^^)?

■カテキンの多い緑茶(煎茶)を1日5杯飲むとダイエット効果がある。

■毎日4杯の緑茶でうつ病になるリスクが44%減る。

■緑茶に含まれるカフェインには覚醒作用・利尿作用・二日酔い防止効果などがある。

■お茶にはアントシアニンも含まれており、目にも良い。

■茶がらはお茶の成分がまだ70%残っているため、捨てずに食べる。←ベータカロチンがニンジンの2.5倍、ビタミンEがほうれん草の25倍!と非常に栄養価が高く、これらの成分は油に溶けやすいため、茶がらを他の食材と共にかき揚げなどにすれば美味しく食べられる。
*ただし茶がらは腐りやすいのでその日のうちに使いきりましょう

また、濃いカテキンを摂取するなら煎茶の二番茶・三番茶を90度のお湯で出して2分置けばいいんですって(^-^)

カフェインが気になる人は60度ぐらいのお湯で入れればカフェインは溶け出しにくいそうなので試してみて☆

お茶は大好きなので毎日飲んでいますが、抗菌・抗酸化以外にも色々な効果があるんですね☆

緑茶、ちょっと見直しました(^-^)



No.1美容ブログは……!?

ストレス別マッサージの最新情報

今日は森柾秀美先生の講習を受けに行ってきました。

森柾先生は日本エステティック協会の教育研究委員であり、エステティックのプロ養成校、レ クールド モリマサの学院長、さらにはフランスのシャンブルドメチエ(手技術商工会議所)の講師でもある著名なエステティシャンです。

以前、ビューティーワールドジャパンで3Dリフトの講義を聞いてから すっかりファンになり、今回の講習を心待ちにしていました。

今回の講義のテーマは『ストレス別マッサージの最新情報』。

ストレス社会の現代において、疲れた心と体を効果的に癒すためのマッサージということもあり、今後ますます需要が高まりそうな技術だな、という印象を受けました。

マッサージは一様に血行促進やリラクゼーションなどの効果をもたらしますが、今回はストレスを抱える現代人のために考えられた手技ということで、凌ぎを削っているサロンが差別化を図る上でも とても有効なツールなのではないかと思います。

今回のストレスフリーマッサージは、ストレスの段階ごとに使われる表情筋が違うというところに着目。

ストレスは警告反応期・抵抗期・疲弊期の3段階に分けられています。
簡単に言ってしまうとストレス初期・中期・末期といった感じでしょうか。

具体的には初期はまだストレスに対してそんなに自覚のない時期。
中期になるとストレスの真っ只中!
体の全てがフルパワーでストレスに対抗しようとします。
疲弊期になると神経・内分泌・免疫がパワーダウンし、何もやる気が起きなくなったり不定愁訴が表れたりすることも。

この段階ごとに緊張する表情筋が違うというのです。

これらを考慮して、それぞれのストレス状態に応じた適切なマッサージを施すことによりストレスや疲れを取り除き、本来のホメオスタシスを取り戻すことが出来るのではないか。
そういった観点から生まれたマッサージが今回のストレスフリーマッサージです。

表情筋は感情を表す筋肉でもあることから、ストレスも大きく影響してきます。

大きなストレスは表情筋を強く動かし、恒常的なストレスは表情筋を長時間動かし続けて、疲労した筋肉は硬くなります。

例えば、ずっと難しい顔をしていれば眉間にシワが寄りますよね?

これが長期間続くと眉間に縦ジワが刻まれることに(>_<)

要するにストレス状態の表情がそのまま『その人の顔』として記憶されやすくなってしまうのです。

ストレスが刻まれた表情筋は暗い表情をつくり、疲れた印象、老けた印象を感じさせてしまいます。

そこで、ストレスにより緊張した筋肉を段階別にマッサージしてストレスを取り除き、リラックスさせようというのです。
しかも、リフトアップやエネルギーチャージまで実感できる優れた技術。

森柾先生曰く、マッサージをすることでストレス状態を起こしている『脳』にアプローチするのが目的 とのことでした。

もう目を皿のようにして、耳をダンボにして講習に臨みましたよ。

お陰で交感神経働きすぎちゃって血行不良(^_^;)
もう肩がコリコリです(>_<)

でも森柾先生の講習は本当に分かりやすくて理論的。
まだまだ知らないこともたくさんあって、もっと勉強しなくちゃ!とあらためて思ったkanaでした(^^)



No.1美容ブログは……!?

胃腸と美肌の関係

実はわたし、先日まで感染性の胃腸炎で1週間ほど苦しんでおりました(^_^;)

この間キチンとした食事がとれず、肌も乾燥して荒れ気味に(-"-;)

やっぱり胃腸が健康でないとダメね(>_<)と実感。


摂取した食物は胃で消化され、栄養素は小腸で、水分は大腸でそれぞれ吸収されます。

そして腸壁から吸収された栄養素は血液を介し 体の隅々まで運ばれ、私たちの身体を構成している細胞のエネルギーとなるのです。

ですから、胃腸の働きが正常であることはとても重要。

肌を例に挙げてみましょう。

血液によって運ばれた栄養と酸素は表皮の基底層へ届けられ、細胞分裂していきます。

基底層で分裂した細胞は有棘層→顆粒層→角質層へと上がって行き、やがてアカとなって剥がれ落ちます。
これがターンオーバーです。

正常なターンオーバーは通常28日周期と云われていますが、血行不良をはじめとする栄養不足や酸素欠乏などによって角化のサイクルが乱れると、肌は角質肥厚やくすみなどのトラブルを起こすことに(∋_∈)

特に、ターンオーバーの過程で作られるNMFや細胞間脂質の代表成分であるセラミドが不足すると、肌は乾燥しやすくなり、外的刺激にも弱くなってしまうんです。

先日までのわたしも ちょうどこのような状態だったんだろうな(-"-;)と想像できます。

美しい肌を保つには胃腸の調子を整えること☆
これ大事です。

胃腸のキレイな人は肌もキレイ。
これも覚えておいて下さいね☆



No.1美容ブログは……!?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。